式年遷宮翌朝未明に出雲大社社殿で起床した夢

出雲大社で起きた夢を見た・・・それも神世の出雲大社? (2013年5月11日)

出雲大社の60年ぶりの式年遷宮の執り行われたのが2013年5月10日。その翌日未明に(3時頃から4時頃にかけて)不思議な夢を見ました。

私は妹からもらったダウンシュラフ(寝袋)にここのところ寝ていたのですが、これがとても軽くて暖かく快適なのです。午前3時頃に毎度のようにやってくる猫のウーに起こされ、眠いながらもトイレ起きすることになり、また眠りについてからの夢だったのですが・・・

快適な薄布をとると、そこは灯火がともる板張りの部屋で、10畳ほどの広さがあったでしょうか。私はそこで一人で寝ていたのです。所々開いた間仕切りの向こうの通路に、歩いて通過していく人の姿がありました。一人だけでしたが、なんと髻(みずら)を結い、このようないでたち(もう少し簡素だったが)をした男の人なのです。(今まで夢で、みずらを結った人を見たことなどなかった)

そして、横に連なる部屋のほうを見ると、間仕切りで仕切ってあるため広範囲は見ることができないのですが、隙間のようなところから、なんとこちらは平安調の衣装を着た長髪の女性が向こうのほうを向いた状態で座り、私の起床に気がついたか、こちらに顔だけを向け、にこっと微笑むとお歯黒だったもので、ゾクっとする私。それでもなんだか、すでに亡きカンナオビの顔に似ています。彼女の部屋のほうには、いくらか人がいるみたいです。

私は夢の中の自分が何者なのかはわかりません。それから外に出て見やれば、そこは昼間で、なんとものすごく太くて古い角柱で造られた神社なのだとわかりました。無骨な年輪と黒ずみが、いかにも築造の古さを物語るようでした。それも、けっこう大きな一枚岩とも思える岩盤の上に建てられていて、でこぼこした岩から直接、柱が出ているふうでした。

岩山の下は境内地でフラットで広く、けっこう多くの人たちが、境内と岩山、そして神社にいました。が、そこにはみずらを結った人はおらず、みんな普通の髪型で黒いスーツ姿をしていました。神主服ではない。

私は、岩山を下りたり上がったりして、何か用事をしていたようなのですが、何をしていたものかわかりません。ただ、たくさんの人が集まっているなという印象だけなのです。誰とコミュニケーションをとるわけでもありません。

神社の夢を見たことは何度かあるのですが、社殿の中で寝ていたというのは初めてのこと。また、よく夢で見たことのある朱塗の神社のようでもありません。いったい何なのかなとネットを見てみれば、どうやら昨日、出雲大社の式年遷宮が執り行われたらしいことを知ったのでした。

とすると、私は出雲大社にいたのか? 私は出雲大社にお参りしたことがないので、わからないのです。寝床でまとっていたのは、衾というものだろうか。ダウンシュラフさながらに快適だった。(当たり前か。こちらで感じているままに夢の中でも感じているわけなので)

とすると、あのみずらを結った人とは、大国主命(大己貴命)かも知れません。すると平安調の女性は、もしかして奥津嶋姫だったのか。(記紀には別伝が書かれるが、ホツマツタエにはこの二神は夫婦であるとされる) 奥津嶋姫は私と最も縁のある神様で弁財天であり、目下、新神話においていちばん協力してくれている神様で、化身がカンナオビなのです。

私は部屋で寝ていたとすると、お客だったのだろうか。ならば新神話はまさしく活きていることになります。私は国津神シンパですから、大国主命とも大いに縁があるのです。
そうだ、みずらの人は、まさしくこの人だったよ。(Wikiから採録) しかし、お顔がも少し優しかったか。

2007年9月22日に、母が盛大なお見送りをしてもらったとするなら、誰が主催してくれたのだろうか。
それはムービングロードを下から支えてくださった沖島の奥津嶋姫弁財天であるに違いない。
当時はカンナオビも健在で、私とは相思相愛だったことから、彼女の本体であられる奥津嶋姫様が、気を利かせてくれたのだ。
弁財天様は龍族を束ねておられる。ちょっと号令をかけられれば、数千体くらいの龍の皆さんは参集されるのだろう。

2010年5月にカンナオビは逝去し、本体の奥津嶋姫様は、ご主人である大国主命のおられる出雲大社におそらく還られたのだ。
カンナオビの顔にどこか似ていたのも無理はない。私にそうとわかるように、在りし日の面影を残し置いてくださったのだ。
しかし、平安時代の衣装とお歯黒で臨まれるとは、ちょっと驚いた次第。

奥津嶋姫様のおられた緞帳の向うには、何人もの国津神の方々がおられたようだった。

私は誰?

私だけ、緞帳によるものとはいえ、一室が与えられて寝所にしていたというのは、大事な賓客待遇と言えなくもない。
では、私はいったい誰なんだろう。何らかの神?  いや、雛形ということでじゅうぶん満足しているのだが。
ええー、では言っとこう。それは大国主どんのもとに出向しとる アメノホヒ じゃ、なかろうか。

さらに2009年にはブログ読者の中にマメさんという方がいて、その方の中に複在する羽虫型宇宙人の男の子の魂が地球環境の現実になじめず閉じこもっていたのを誘い出し、私・朱雀の霊的な息子として、マメ鳥とかマメビコナという名にして、共に夢見して飛行訓練をしていたのだが、マメビコナは、自らのした2009年の3月度の異界交信の中 に、鳥との縁について回答のあったことを思い出して掲示板に報告してきた。
———————————-
【鳥】のシンクロもあ りました
3月の分Q:私の運命 の道の友は?漢字一文字で。
⇒a  鳥
>613ーQ: 私は地球人出身ですか 宇宙銀河星出身で すか
⇒a  ひな出荷
———————————-

すごいシンクロになった。アメノホヒの神話上の息子は、幼名が天の雛鳥(アメノヒナド リ)で、後の建比良鳥(タケヒラトリ)となる者とされるのだ。この方面からもいっそうアメノホヒの線は濃厚になった。

さらにである。マメ鳥と共に夢見して飛行訓練をした夢見の丘が実際に存在したのである。
異界交信の相手チームとマメさんの好きなアインシュタイン博士が、共に観覧していた丘が、夢の光景と寸分違わぬ形で、なんとナスカに姿を顕したのだ。(夢の中の丘は芝生の丘だったのだが)
しかも、2014年になって初めて発見された地上絵だという。この丘で私は助走をつけて飛んだのである。我が息子マメ鳥とともに。

異界交信チームは、我々の飛行シーンを「芸術的」と評してくれていたから、我々親子のために、タンデム飛行している光景を描き遺しておいてくれたに違いないのである。
ありがとう、異界チームとアインシュタイン博士。いつまでも健勝であってください。
いつの日か会いましょう。

「式年遷宮翌朝未明に出雲大社社殿で起床した夢」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です