夢でとんでもない人物に出会い両手で固く握手する (本当にあったこと)

とんでもない人物(プーチン氏)に出会い両手で固く握手し、彼の頭が亀に変貌する夢を見る  (2014.年12月6日)

久々の12月6日未明の夢になったが、とんでもない人物P氏に出会い、そのとき満面の笑み同士、どちらからともなく歩み寄り両手を握り合った。
そのときP氏の顔は、優しい表情で、普段細長い目はまんまるになり、信頼感そのもののまるで亀のような風貌になった。
ここまで柔和なお顔になれるのだろうかと思うほどだった。

私は、かつて宮司氏のときに握り合ったことを夢の中でも思い出して、この固い握手は、鶴亀すべる儀式になっていると夢の中でさえ確信していた。次の亀さん候補はP氏で決まりだろう。それにしては、直に会うには遠すぎる。

とすると、九日目とは12月15日となるわけだが、その日は私の誕生日であり、例によって大き目の揺れとして顕れるのだろうか。もしそうなら、P氏と私との相性の良さを示すことになるかも知れない。

結局、その当日は何事もなかった。ま、いいではありませんか。大地震などが起きたらたいへんなので。

いやいや、年金がフルに入ることになりましたのです。これは瑞兆でしょう。

追記

P氏は翌2015年になってから目覚ましい活躍をされるようになった。その道では世界一と言っていいだろう。

鶴亀パワーが彼に乗っかっていると思えたことか。

宮司氏が怖じられた直後のこと。亀さん候補はけっこうおられるようで、まだまだ募集中だ。

追記2

2017年になって、私は米国でテレビ放映されているコーリー・グッドVSデビッド・ウイルコック対談のコズミックディスクロージャーの邦訳情報の存在を知ることになった。それによれば、2014年12月5日に、地球人類を支配していた宇宙人グループ・ドラコ同盟にとって、地球からの撤退を余儀なくされる決定的な事件があり、それを境に、同同盟傘下にある地上代理店組織の内紛分裂が始まり、第三次大戦が回避される見込みが出てきたらしい。その一環として世界情勢は、代理店組織の予定通りにはいかなくなったもよう。

その翌日未明に見た夢がこれであるとは、いかなることか。私は自分の夢見をコントロールなどできたためしはなく、我がハイアーセルフが手綱を引いて連れて行ってくれる場所で見てくるだけの役割。そんなことが最近わかってきて、大それた夢の中での行動の責任を痛感せずともいいような気がしてきている。私はただ見てきたことを憶えている限り、こうしたところに書きつけるだけである。

 

 

また別の有名人(習近平氏)と握手する夢  (2015年1月30日)

前に見た有名人との握手の夢は昨年12月6日未明のことでした。ここまで書くと、お前いい加減にインチキ書くのやめろといわれるかもしれませんが、申し訳ないが、また僭越ながら本当にあった夢の話(だから夢物語なんだよと言われそうで恐縮します)なのです。

今回も未明の夢で、がっちり両手で握り合う、同様の握手をしたのは、やはり有名な国家元首である習さんでした。

しかし、前回のように鶴亀すべるという印象はありませんでした。彼の顔が亀になるような変貌はなかったので。

それでも、笑顔で何のこだわりもなくお互い両手で固く握手しました。

もしこれが知らず知らずの内に、鶴亀の出会いになっているのなら、今日から九日後といえば、2月8日に何かがあるかも知れません。

といっても、前回も何もなかったなあ。私の誕生日という以外は。
それでいいことが?・・・ノーノー、介護保険料の徴収予告が来ただけです。

いや、年金がフルにいただけるようになりました。これは助かった。(歳がわかってしまうなあ)

2月8日のほうも、結局何もありませんでした。

しかし、何で主要人物の夢を最近よく見るのか。そのわけは、私をリードする指導霊もしくはもう一人の自分が見せてくれるのだろうとしか言いようがありません。私はただノーコン的に見てくるだけです。

まあいちおう、どちらかといえば正義派の印象があります。海千山千のレベルの話ゆえ、その印象に間違いがなければいいのですが。

追記

2015年から中露が世界をリードする働きを見せるようになり、ドラコ同盟傘下の地上代理店組織の予定(アジェン)が覆るようになりました。代理店のアジェンダを描いたとされる英エコノミスト誌2015年新年号と2016年新年号を見比べてみてください。プーチン氏と習近平氏の顔だけに生気が戻っています。他の国家元首は白いままのゾンビ状態(笑)なのかもしれません。

さてその後、2015年4月には、ヘミシンクによる体外離脱で夢見を恒常的に体験しているブロガーさんたちのことを知り、私の超常的夢見などは井の中の蛙であるなあと痛感しました。まあ、そのせいかどうかわかりませんが、その後、印象に残るような夢があまり得られていないのです。

むろん、顕著な夢見があればこの後に書き加えていきたく思います。

補足(メモ)

※ 編集後に書き洩らしていた明晰夢がいくつか出てきました。しおりによるリンクが崩れるのを避けるため、思い出された過去の夢もこの後に追加して参ることにいたします。

今のところ、

初代目のマイカーを手放す日の未明の夢・・・車にも魂があることが判明 (1977年)

祖父と叔母、そして私とで薄暗い部屋で会談している夢・・・お迎えの予兆か(2002,3年)

他所猫の襲撃と帰順の夢・・・正夢 (2010年)でした

他所猫がブーを襲撃しようとするのをナタで切りつける夢・・・ほぼ正夢になりました (2011年)

2016年元旦未明の夢

2016年正月2日未明の夢

 

こうしたものがありました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です