空座だった白虎の座が埋まり四神獣揃う

新神話において、長い間求まらなかった四神獣の白虎のポジションに、なんと猫としてやってきて収まってくれたことで、このリクルートは完成したのである。新神話に記載すれば、それをシナリオとして俳優がひとりでに応募してくれることを、このたびは確信した次第である。その経緯をここでしたためる。

私は2009年に別荘を購入して森の中に隠棲しようとやってきた。前の職場の同僚が屋根職人の技を持っているので、屋根の雨漏りの防止策を講じてくれたりしたときに、猫は要らんかと言い出した。一匹だけもらってほしいというので、オスを一匹だけということで了承した。

ところが、彼が持ってきたのは三匹で、白二匹と黒一匹、同じ親から生まれたという。一匹だけでいいと断ったものの、彼のほうももう処置できないと言い、何なら捨てといてくれとまで言う。そんなことができるわけもなく、仕方なく三匹とも飼うことにしたのだった。

しかも、三匹ともオスのシンボルが見当たらず、みんなメスかと憤ったものの、どうしようもない。生後一ヶ月ほど母猫の授乳があったことだけが、病気になりにくさを保証してくれたようなものだった。

飼いはじめて数日後から、おかしな現象に遭遇ようになった。過去録から転載する。

———————————
我が家の・子猫紹介・そのいち    2009/11/18(Wed)

サバ猫ブー、空を飛ぶ

私 が寝床で寝ていて、不意に目を開けると、ちょうど電灯の豆球がついているのだが、電灯の笠の周りをひゅっと回転しながら飛ぶ黒猫の影のよぎるのが見える。 もちろん不意に目を開けたときに起きがちなただの錯覚なのだろうが、こんなことが三度もあると、もしかしてほんとうに黒猫ブーが飛んでいるのではないかと 思ったりする。というのも、夜中の、私がトイレ起きしたときだから、彼らもまだ眠っている最中だからだ。

三匹のうち一匹、黒猫ブーは食事 の好みが極端で、当初与えたサバ缶の水煮と子猫ミルク以外を受け付けなくなって今がある。二匹の白猫は、いちばん敬遠するキャットフードから、当初のいち ばん嗜好のサバ缶まで幅広くこなすのに、この黒だけは食そのものにガッツがなく、三箇所に分けて出す食事も他の猫に取られて、最後はふててコタツ部屋に篭 ることが何度か。
こんなことだから、動作がのろく、反応も鈍いのは、まあ始めからのことだが。
他の猫は私のズボンにかぎ裂きを作ってでも、脚を中ほどまでよじ登ってくるのだが、脚に両手をかけているものの、まだ両足は地面を離れてはいない。いちど は買い物袋の取っ手のわっかに首をかけて釣り下がってぐったりして危ういこともあった。ドヂでのろまなブーである。
ここを出ては生きていけそうにないのがブーだ。他の二匹は、毛づやよくまるまるしてたくましくしているのに、ブーだけは剛毛で白髪が混じりかけている。

そんなブーがとてもできるはずもないのに、天井の電灯を見上げていることがよくあった。きっと、その高さまで飛んでやるんだという気持ちがかねがねあった のだろう。
理想家タイプのブーは、私の小さい頃にも似ている。獣肉類はまったく受け付けず、魚肉だけが食べれた。手塚治の孫悟空に憧れていたりした。
ブーも途中をはしょって、空想にふけり、いつかそこまで飛んでやるという気概に満ちていたとすれば・・・おいおい、ブーよ、暗いときにあちこちでびっくり させてくれる猫影は・・・お前だったんじゃないのか。
プリンターの裏側にできた大きな黒猫ようの影は、お前が成猫になったサイズほどだろう。棚の上のプリンターの位置にお前が座っているのも、いつの日かくる のかもしれないな。

ブー は不思議猫でもある。私が仏壇に向かって、仏様たちのお参りの後で、神様の名を列挙していくときに、私の膝に座って、神名読み上げに続いて「キャ」と合い の手を入れたのにはびっくりした。「梵天様・・・・・龍神様・キャ・・龍神族様・キャ・・龍族様・キャ・・天狗様・キャ・・・・・」
シャーマン猫の素質ありと見た。
身体機能は緩慢でも、きっと夢見や霊能にたけているのだろう。
ふと思う。魔法使いアラディアの神話を。

我が家の子猫紹介・そのに と 今朝未 明の不思議夢   2009/11/19(Thu)
才色兼備のメディシン猫フー

フーは当初から賢く立ち回った。えさを食べるときは、時間をかけてえさ場に居座り、他の二匹が立ち去ってからも黙々と食べ続けた。そのお蔭で、いちばん体 重があり、骨格、肉付き、脂の乗り、毛並みの良さは申し分ない。

子猫たちから私への、申し立てに関する連絡役も務めてきた。といっても、私にはほとんど彼らの要望が聴いてやれた気がしない。言葉が分からないから、察するしかなく、その辺、私は下手なようだから。

フー は目や顔立ちからして人間に似ている。お行儀がとてもよく、相対してはきちんと正座して(猫の正座って・・・ちょこん座り)、こちらをじっと見つめてい る。子猫たちからの申し立てのときに、この格好でニャーンときたときには、私もどぎまぎしてしまう。いつぞやこんな清楚な女性がいたよなー、という印象。 まんまるふっくら、毛づやよく、白でも汚れのない白である。ばっと見すれば、お嬢さん猫。犯しがたい憂いを含む目に、魅入られること請け合いである。どこ に出しても、申し分ないであろう。

今朝の未明にびっくりするような子猫関連の夢を見た。その前にフーに関する小さな不思議話をしよう。

す でに毛布上で眠るシーンを映像でお送りしたが、私はその場所で昼寝や仮眠をするのだが、三日前になるか、ごろんと寝ていたとき、子猫たちがやって来て、 ブーとフーが私の頭の左側に密着して寝転んだ。するとフーが私の左耳をごそごそしだした。口で耳を何かしようとしている。

私は噛まれたら痛かろうなと警戒したが、なんとフーは耳の穴の中に舌をいれて、べろりとしてきたのだ。その音が大きくした。
耳の穴の入り口付近をべろっと舐めて終わったわけだったが、なんと耳の穴の奥の常日頃の痒みがパタッと止まってしまったのだ。 耳 奥の痒みの原因のダニでもいたのを取り去ってくれたのだろうか。それとも何か動物にしか通用しないようなメディシン術を知っているのだろうか。耳奥の痒み は、たとえ普段気にならなくとも、いろんなイライラのさなかには殊更気になり、イライラを倍加させるものだが、痒みが止まっただけで、逆に物足りなさ(耳 かきを使う)を感じるのはどうしたことか。

そのとき、フーは彼女の胸を私の左耳に押し当てて眠ったのだが、そのときの心臓の鼓動が伝わってきて、やはり猫ゆえにか、最初でも120/分ほど、後で ブーが横に寄り添ってきてからは、180/分ほどに拍動していた。
これがいちばん落ち着いたタイプのフーの眠っているときの鼓動。生き物の寿命は心臓の鼓動の回数に拠るということからすると、彼らの寿命の短さも頷けると 思ったことか。
とにかくフーは、飼い主への気配りも上手であり、要領もよく、大食漢である。
———————————

さて、そうしていたら、夜間の夢がすごいことになった。ブーやフーの魔術猫ぶりの理由とも言える本質が夢に出てきたのである。これも転載する。

——————————–
今朝未明の不思議夢・・・別和尚は人面獣 身だった   2009/11/19(Thu)
さて、今朝未明に見た夢は、どう言っていいのか・・・。
そ の夢を見る前に、たびたびのことながら、布団の中に何かいる気配と、猫がのどの辺りに来た感があり、そのときのどの辺りにあのフーの心臓の鼓動らしい振動 がした。たまにぴくぴくする痙攣とも言えなくないが、ものの気配の後だから、霊体でサインを出しながらやってきた感がある。そして眠りへと落ちた先の夢が 次のようだった。

長い夢の最後のほうなのだろう、お寺の傍の民家に居て、和尚さんとのいろんなストーリーがあったのだと思うが忘却。
そ の後、私はお寺に行き、下の空いた塀の外から覘いていたのは柿の木だろう、この木を切れば全体のバランスがいいのにと和尚に案を持ちかけようと立ち寄った ところ、下の空いたところから、たしか夢の前話でも出てきた和尚とは別の和尚(副住職というか)らしい頭頂が禿げた頭が見えた。

なにか土 地いじりでもしているのかなの感があり、表から入って話をしようと回って、玄関から禿頭の和尚を見たところ、なななななんと・・・頭は(別)和尚でも、身 体は猫というか、白黒の毛が入り混じった動物・・・が、お椀に入ったえさをガツガツ食べているところだったのだ。

しかも、顔を見ると、人 間の年寄りの顔なるも、第三の目が額にあり、唖然として見ていると、彼の手前に二頭の、彼よりも先代らしい同様の”三つ目”をした動物が現れ、しかもそれ ぞれ茶青系と赤系のチェック柄の衣装(ドテラ)を着て、私の前に、やや赤ら顔をして微笑んだ感じで並んで座っているのである。
その後ろで依然として別和尚は猫スタイルで、えさを食べているというシーン。
私は思わず、手を合わせて拝んだというところで、夢から覚めた。

いまこの文を打ち込んでいるとき、PCの前に座る私の膝の上に三匹が座って、まさにじっとして眠ろうとしているところだ。お蔭で、今朝の寒さにも、温かさ がもたらされている。
いったいこの子猫たちは・・・。
伏儀神農神かな。 (かつて、あるおうちにいた、ノラという猫がまさにその化身だった)

またまた三匹、私の膝で眠ってしまいました。ああ、私ゃまた身動きできないよ。

我が家の子猫・そのさん  体育会系子猫ウー & どうも白虎らしい & 巡り終えた錆びた太陽   2009/11/21 (Sat)

体育会系子猫ウー

当 初いちばん小さく、400g程度だったものがいまは750gだから、約倍になったことになるが、依然いちばん小さいことに変わりはない。しかし、筋肉質 で、当初から俊敏さにかけてはいちばん。駆け回るスピードは他の追随を許さず、爪にかける力はいちばんで、今でも、一番高いところまでの駆け上りを極めて いるのは、ウーである。面構えも、女とはいえ、まるで阿修羅のようでりりしくまた威厳がみられる。
あおむけにねる子猫時代のウーちゃん(巴御前か)

私 の足や手にできた引っかき傷はほとんどがウーによるものである。他の二匹同様に甘噛みをしてくれるのだが、爪だけはおかまいなしときていて、とても危険で ある。軍手などをしていなくては、いくら傷ができても仕方ないほど。よく他の二匹が取っ組み合いのときに困らないものだと感心する。

食事もまんべんなくおよそ何でも食べて、ただ水が三匹全部がそうなのだが、飲めないときている。水の味が嫌なのかどうなのか。食事だけでは水分不足が気に なったが、その辺はもう彼らの本能に任せることにした。

ウーに関しては、他の二匹の飼い主に対する媚び方に追随することなく、独自のコミュニケーション(男っぽく無理によじ登ってくる)を採っているように見受 けられる。

どうも白虎らしい

しかし、ときおり不思議な夢を見てしまう。
前夜の夢に出てきた別和尚の顔にそっくりな画像を見つけた。というより、白虎のほうから検索で出てきた画像が、高松塚古墳の西壁の白虎の絵で、とても似て いたのだ。
頭頂禿げで、周りに毛を残す感じで古墳の絵も描かれている。こんないかつい年寄り顔が夢の中に出てきたのだ。
体毛が白2対黒1ぐらいで、刷毛で描いたような感じで見え、痩せて胴長に見えたのも、古墳の絵そっくりだ。ただ、絵のように神聖な模様でも雰囲気でもな かった。ただし、額に第三の目がついていた。

ここまで表情が似ていると、そう思わざるを得ない。
まだ新神話は機能しているのだろうか、各方位の神獣をタイムシェアー的に巡る旅をしているのは、今までと変わりはないみたいだ。

も うまもなく、宇宙人が地球の虚構文明をいったん鎮静化する。新神話にも書いている行程だが、そうなればもう新神話が成ったも同じだから、新神話グループも 解散の成り行きかと思っていたのだが、最後に追いつくようにして白虎が現れた。それも子猫として。シャーマン能力を備えた子猫たちである。神獣の化身と考 えてもいいかも知れない。

白虎の幼猫 フーちゃん

元の飼い主にリコール要求したものの、白虎だとなれば、どうしていいか。つまり、お客人だ。
しかし、まるで中国の客家のように食選びがすごい。キャットフーヅなど匂いをかいでバイバイ。もうサバには飽きつつあり、牛や卵、鳥を経て豚へと食牙が移 行している。それに飽きたら・・・もう、後がない。

それに比べて私は、芋とかゆをいただいている。もう、呑まずにおれるかと、梅酒とビールのあと酒かすで甘酒作って、昼飯とした。身体が 温まってとても心地いい。このまま息絶えたら、最高だろうに。

巡り終えた錆びた太

新 神話で太陽神天照天皇は十二人の妃を擁していたとしている。ホツマに準拠しているのだが、それは黄道十二宮にも対応する。東西南北の方位にそれぞれ三妃で 十二妃である。このような大奥のようなシステムにしたのは、ひとえに国祖を弱体化し陥れようとする邪神の姦計に他ならない。その直後、国祖は暗殺され封印 され、世界は暗黒化した。あたかもいいように見える大奥ハーレムのカルマを背負った雛形の、翻弄された運命がいまここにある。いろんな雛形を引き受けすぎるものではない。

新神話発足以来、九人はいろんな形で現れたかに思える。あと三人となっていたとき、西の妃は子猫のメス三匹でやってきた 感があって、これで巡り終えたのではないかという思いである。すでに二週間を三匹と寝食ともにし、成り行くに任せて別れがあり、それでおしまいになる流れだ。

ちょうど宇宙に出るタイミングとなる具合。あるいは2012年の満了まで行って、そこからは暦のない世界(新時代ならばよし)となるのか。三年もよう世話 できないから、いづこかでさらばとなろう。
ホルス、ルシファーらは原初の太陽神。それがどこかに封印隠蔽されている間にも暦は進み、旧時代の幕引きとなるのか。不本意だったとか、悔しいとか言って おれまい。元通りにすべく動いた結果がこうなら、それでよしとすべきである。新神話もそれで終了する。

子猫たちは、もうすべてを理解しているようで、じっと向こうから見つめているだけで、私のもとには寄ってこなくなった。というのも、リコールの心積もりを してしまったからだ。もう、私の脚を見ても、避けて走り去るだけだ。まさに心を読み取るシャーマンたちである。(まだこの頃には3匹ともメス猫だろうという恨みがましさがあって、リコールしようと 思っていたのだ。去勢する費用を打算していたのだ)

いっそ、あんな夢は見るべきではなかった。見てはならなかった。
しかし、フーの、私たちの正体を見せて喜ばせてやろうという気持ちには、ただ感謝。 急によそよそしくなったお客人の態度に寂しさを催し、ついぞ道行きを捕まえて「大丈夫、仲良くやっていこう」と説得したら、また膝の上 に乗ってくれるようになった。やはり三匹とも手放すことはできない。
——————————-
後日記
この頃にはまだ、三匹ともメス猫と思い込んでいて疑わなかっ た。
ところが、これからひと月以上してから、オス二匹、メス一匹と 判明したのであった。(ふぐりが四枚花弁の花のようにバックに開いたから分かったのだ)
つまり、夢の中身(副住職は男、ドテラの夫婦らしい一方が男で もう一方が女)のほうが、ほんとうのことを示していたことになるだろう。

ブー、フー、ウーは神世でどういう関係にあったのか考えたとき、フーが白虎のオーディションに臨んでくれたようなことだったに違いなく、ブーとウーは彼の父兄で父親と母親だったように思われる。フーは神世で人間に飼われ方や気に入られ方をかなり勉強してきた感があり、フーがブーやウーへの作法の指導に当たり、また私への交渉役を果たそうとしていたように思う。神霊ゆえにできた前準備と言えるかも知れない。

さらに時は進んで、2019年現在、ブーフーウーの三神獣はもういない。フーとウーの間に生まれた三匹の白猫のうち、チンがすでになく、今ではトンとシャンの二匹だけである。
しかし、ブーフーウーの三匹には、神獣とわかっていつつも、良い一生を用意してやれたかどうかは疑わしい。そればかりか、彼らを死なせてしまった故意過失には申し訳なさでいっぱいである。すべて、我が身、我が心の弱さゆえに、できる限りを尽くしてやれなかったことに起因しているからである。
よくやってくれた、ブー、フー、ウー。ありがとう。君たちのことは忘れない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です